武田鉄矢 今朝の三枚おろし『ケーキの切れない非行少年』2019.10

武田鉄矢今朝の三枚おろし

今週のテーマ、
「ケーキの切れない非行少年たち」がまな板に載ってます。

今週は「少年犯罪はどうして起きるのか」に迫るようです。

【スポンサーリンク】

 

著者とネタ本の紹介

著者プロフィール

宮口幸治(ミヤグチ・コウジ)・京都大学工学部卒業。
・神戸大学医学部を卒業。
・医学博士、臨床心理士。
・立命館大学産業社会学部教授。
児童精神科医として精神科病院や医療少年院に勤務、2016年より現職。
困っている子どもたちの支援を行う「コグトレ研究会」を主宰。

担当編集者のひとこと

困っている子どもたちを救うには

まずは、オビのイラストをご覧ください。これは、精神科医である著者が医療少年院に勤めていた時、「ケーキを三等分する」という課題に対して在院中の少年が出した答えの例です。医療少年院に在院している少年ですから、だいたい10代の中盤から後半くらいの年齢の少年ですが、彼らには、ホールケーキを120度で切って三等分する、という発想が身についていないのです。
それだけでも問題ですが、さらに驚くべきは、これを描いた少年たちが、殺人や強姦致傷などの凶悪な犯罪を起こしている、という事実です。

通常、犯罪を繰り返すような少年たちには、更生の過程において、「認知のゆがみ」をただすための認知行動療法が施されます。かつては著者も、それを試みていました。しかし、はかばかしい結果が得られませんでした。なぜかと言えば、こうした少年たちは、そもそもの認知機能に問題があったからです。

では「認知機能に問題がある子ども」とはどういう子か。それは、発達障害や知的障害をもつ子どもたちですが、実際に非行の現場で困っている子ども達の多くが、その当事者なのです。

現在、知的障害はおよそIQ70未満の人をさす、ということになっていて、人口の2%程度とされています。しかし、1950年代には、知的障害はIQ85未満とされていました。「それではあまりに多すぎる」ということで今の基準になったわけですが、もしIQ70~84の人を「軽度知的障害」と考えれば、この層はなんと人口の14%程度はいる、という計算になります。つまり、小学校の35人クラスで考えれば、5人くらいはその範疇の生徒がいる可能性がある、ということになります。

現在、この範疇の子ども達は「知的には問題ない」ということになってしまい、「ちょっと勉強が遅れている子」「ちょっと社会性に問題がある子」という程度で放置されてしまいがちです。しかし、この層の子ども達の多くが、問題に気づかれないまま放置されることで、社会のセイフティネットから落ちこぼれてしまっている、というのが著者の見立てです。これは、日本社会にとって、とてつもない損失になっているのではないか、と。

そこで著者は、矯正施設だけでなく学校施設でも使えるような、認知機能の向上プログラム「コグトレ」を開発しました。これによって、発達障害や「軽度知的障害」の子どもの認知機能を向上させ、問題の発生を軽減させるわけです(その実践の様子については、昨年の5月に出版された『発達障害と少年犯罪』(田淵俊彦&NNNドキュメント取材班著)に詳しく描写されています)。

本書では、医療少年院に勤務していた精神科医の目から見た「非行少年」の姿、そして彼らを取り巻く問題の構造、彼らの効果的な支援方法が、一気通貫で語られています。矯正関係者だけでなく、広く教育関係者にも資する本であるのは、立命館大学産業社会学部教授として著者の前任にあたる故・岡本茂樹先生の著『反省させると犯罪者になります』『いい子に育てると犯罪者になります』とも共通しています。

ご興味をもたれた方は、ぜひご一読ください。

引用元:https://www.shinchosha.co.jp/book/610820/

 

・興味のある方は読んでみてください。
『ケーキの切れない非行少年たち 宮口幸治/著 新潮社 2019年07月13日』
楽天市場        amazon
  

 

関連書籍
著者:岡本茂樹
・反省させると犯罪者になります
(新潮新書)
  

・いい子に育てると犯罪者になります(新潮新書)
  

・凶悪犯罪者こそ更生します(新潮新書)
  

 

サイトマップで記事を検索すると効果的です。

※ご意見・ご感想

「武田鉄矢今朝の三枚おろし」をお聴きの方はご存知と思いますが、
番組内で皆様からのお便りを不定期で紹介しています。

ご意見やご感想がありましたらぜひお寄せください。

宛先:郵便番号105-8002 文化放送 武田鉄矢「今朝の三枚おろし」です。

 

音声聴取はこちらどうぞ

・1週目(2019.10.21~10.25)

・2週目(2019.10.28~11.01)

 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください