武田鉄矢 今朝の三枚おろし『I’m ageing(アイ・アム エイジング)』2019.04

今週のテーマは、
若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間」がまな板に載ってます。

今週は「老いて、死ぬ。それは必然なのだろうか?」に迫るようです。

【スポンサーリンク】

 

ネタ本著者プロフィール
・ジョシュ・ミッテルドルフ,(Josh Mitteldorf)
ハーバード大学、ペンシルベニア大学で天文物理学を研究、博士号を取得後、理論生物学へと転じ、30年来、老化の研究をすすめている。
現在、セントルイス・ワシントン大学、中国科学院北京生命研究所教授。
ウェブサイトAgingAdvice.orgを運営し、ScienceBlog.comの週刊欄に寄稿している。
MIT、ハーバード、カリフォルニア大学など、さまざまな大学で研究および指導を行っている。

・ドリオン・セーガン(Dorion Sagan)
生物学者、環境保護哲学者。
全米科学アカデミー会員。
共著『生命とはなにか』『ミクロコスモス』『性の起源』などが、十数の言語に翻訳されている。
『ナチュラル・ヒストリー』『スミソニアン』『ワイアード』『ニューヨーク・タイムズ』などに寄稿している。
『コスモス』『コンタクト』などの著作で有名な天文学者、カール・セーガンの息子。

矢口誠(やぐち・まこと)
1962年生まれ。
慶應義塾大学文学部卒業。
翻訳家・特撮映画研究家。
主な翻訳書にレイ・ハリーハウゼン、トニー・ダルトン『レイ・ハリーハウゼン大全』(河出書房新社)、L・P・デイヴィス『虚構の男』(国書刊行会)、アダム・ファウアー『数学的にありえない』(文春文庫)、アビー・バーンスタイン『メイキング・オブ・マッドマックス 怒りのデス・ロード』(玄光社)等がある。

推薦コメント
「ヒトにだけ長い老後が用意されている。なぜか?
老化の積極的な意味を初めて明らかにした画期的な論考」
福岡伸一氏(生物学者)

・興味のある方は読んでみてください。

楽天市場
若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間 [ ジョシュ・ミッテルドルフ ]
『若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間 ジョシュ・ミッテルドルフ.ドリオン・セーガン/著 矢口誠/訳 集英社インターナショナル 2018年10月26日』

サイトマップで記事を検索すると効果的です。
 

音声聴取はこちらから

・1週目(2019.04.01~04.05)

・2週目(2019.04.08~12)

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください