武田鉄矢 今朝の三枚おろし『月と蛇と縄文人・神話的世界観』2016.07

今週のテーマは、
月と蛇と縄文人 シンボリズムとレトリックで読み解く神話的世界観 』がまな板に載っています。

今週は、「異国の目から縄文文化を眺めてみる」に迫るようです。

【スポンサーリンク】

 

ネタ本著者プロフィール
・大島 直行(おおしま なおゆき)

1950年、北海道生まれ。
札幌医科大学客員教授、北海道考古学会会長。
第29回藤森栄一賞受賞。
日本人類学会評議員、日本考古学協会理事などを歴任。
医学博士。

・興味のある方は読んでみてください。
楽天市場
月と蛇と縄文人 シンボリズムとレトリックで読み解く神話的世界観 / 大島直行 【本】

『月と蛇と縄文人 シンボリズムとレトリックで読み解く神話的世界観 大島直行 著/寿郎社 2014年01月』


 

音声聴取はこちらから

・1週目(2016.07.04~07.08)

・2週目(2016.07.11~07.15)

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください