体に良いとされる水素水は、手軽につくることができます。

アレコレご紹介します。

体の中に「悪玉活性酸素」が多くなると老化や生活習慣病の原因になるといわれています。

水素は増えすぎた悪玉活性酸素と反応して水になります。水素水を摂取して、体の中に水素を取り入れ、多くなった悪玉活性酸素を減らすことによって、健康効果が期待できます。

そうなると健康のために水素水を飲んでみたくなりますよね。

ところで市販されている水素水にはどんなタイプがあるのでしょうか?

水素水の効果的なつくり方アレコレ

・ウォーターサーバータイプ

ウォーターサーバーに取り付けるだけで水素水を自動でつくってくれるタイプです。いつでもできたての水素水が飲めます。

【スポンサーリンク】

・水素水ポットタイプ

水素水ポットに水道水と専用のカートリッジを入れて冷蔵庫のドアポケットに常備することができます。カートリッジは定期的に交換が必要です。

・スティックタイプ

専用のペットボトルに水を入れて水素を発生させるスティックを入れて作ります。出来たての水素水を飲めることと、水素たっぷりの状態を自分で確認できることがメリットです。

・水素水生成器タイプ

作りたての水素水がいつでも飲めるのが最大のメリットになりますね。

初期投資にお金がかかりますが、ランニングコストは長~く使うことによってお得になります。

・タブレットタイプ

水にタブレットを入れるだけで水素水ができます。500mlのミネラルウォーターにタブレットを1個入れるだけで水素水ができあがります。

・アルミボトルタイプ

水素が抜けにくいアルミ容器です。キャップが大きめなので、開栓後は水素が抜けやすいです。すぐに飲みきればいいですね。

・アルミパウチタイプ

水素水が手軽に飲めるタイプならアルミパウチがあります。バックの中に入れて持ち運ぶことも可能です。水素が抜けにくいアルミ素材ですから、いつでも水素水を飲むことができます。

まとめ

現実的な問題は、様々な病気は“酸化”が原因とも言われています。

万物に共通しているこの酸化は、人も決して例外ではありません。加齢によって徐々に抗酸化酵素が減少するということは錆びる(老化)るわけです。不具合が生じてくると「病気」と呼ぶわけです。

つまり、水素水や水素水サプリメントの抗酸化力により酸化を抑制することで、老化の加速を抑えることが加齢による病気の予防に対処できるのではと考えられています。

【スポンサーリンク】